水道に関する修理で発生する損害賠償とは

戸建ての住宅であれば、水道に関する水漏れなどのトラブルが起こっても近隣の住民に被害が及ぶということは少ないものですが、マンションやアパートなどの集合住宅で水漏れを起こしてしまうと修理に必要な費用の他に賠償に必要な費用も発生してしまう可能性があります。

■集合住宅の場合、誰が責任を取るのか

集合住宅の場合、個人の専有部から水が漏れているのか、共用部から水が漏れているのかによって誰が責任を取るかが変わってきます。例えば洗濯機が壊れて水が漏れてしまった、洗面所やお風呂で水を出しっぱなしにしていた、トイレが詰まってしまったという場合は個人の専有部で起きているトラブルであることから、個人の責任になる可能性が高くなります。また共用部で発生した水道管などからの水漏れに関しては、管理している会社や集合住宅の持ち主の責任になりますが、マンション管理組合などが責任を取る場合は居住者で割り振って費用を負担するケースもあります。

■万が一に備えて入っておきたい保険
マンションなどの集合住宅で水のトラブルが起こった場合、集合住宅の構造によっては思わぬところまで水がつたっている可能性もあります。他の居住者の家具や家電などに影響を及ぼしてしまう可能性もありますし、当分の間住むことができなくなる可能性もあります。場合によっては集合住宅の構造にも影響を与えてしまうことで管理会社や持ち主から高額な費用を請求されるケースもあります。そこで万が一に備えて加入しておきたいのが賠償責任保険です。保険に加入していることで他人の財産を弁償することができますし、修理費用などに充てることができます。こういった保険は単体ではなく火災保険などの特約になっていることも多いので、自分が加入している保険についていないか確認しておきましょう。

■必ずしも真上からではない

基本的に水は上から下に向かって流れ落ちていきますが、水が漏れているからと言って必ずしも真上の部屋が原因になっているということはありません。思いもよらない部屋の水漏れが原因になっていることも多くあり、集合住宅などではすぐに調査が行われます。



■まとめ
マンションやアパートなどの集合住宅で起こる水漏れは自分の財産だけでなく、他の居住者の財産や部屋、集合住宅自体に影響を及ぼすことから、万が一に備えて保険に加入しておくなどの対策が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ