水道に関する修理の相場

水が漏れているなどのトラブルを発見した場合には、自分で修理をするか業者に依頼をするなどして対処する必要があります。しかし、この際に部品などの購入で費用が発生してしまいます。では自分で水道 修理をする場合や業者に依頼する場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

■自分で修理する場合は部品代のみで済むことも

基本的に自分で修理を行う場合は工賃は自分が行うので発生しません。必要な費用としてはパッキンや配管、ネジなどの部品の費用のみで済むでしょう。ほとんどの部品は数百円から数千円程度で購入することができますし、修繕をする際に必要な道具も特別なものを揃える必要はなく、一般家庭にあるレンチやドライバーなどで済むことがほとんどです。水が漏れている箇所などを特定できるなど、どんな修繕が必要なのか、修繕には何が必要なのかある程度わかる場合は自分で修理を行うことで費用を抑えることができます。

■修理業者に依頼する際の料金の目安
業者に依頼する場合の料金は原因や修理内容によって相場が変わってきます。自分でもできるような簡単なパッキンの交換や配管の交換、ネジの締め直しなどの場合は部品代を入れても数千円程度で済むことがほとんどです。ただし、床下や天井、壁の中などの水道の配管に問題がある場合は修理に時間がかかり費用も高額になる傾向にあります。また水漏れが何年も続いていて住宅の構造自体に影響を及ぼしている場合は、住宅のリフォームなどが必要になることも多く、最悪の場合には建て替えを検討しなければならなくなってしまうことから高額な費用がかかってしまいます。

■価格だけで決めるのは危険

水道などの水漏れは自分で修繕を行うと費用を安く済ませることができます。しかし、やはりプロに依頼したいという場合、必ず複数の業者から見積もりを取って、価格だけでなく工事内容や見積もりの内容、業者の対応などを比較して選ぶようにしましょう。安いからと言って価格で決めてしまうと、あくまでも工事前は概算での見積もりしか出しておらず、結局後になって高額な費用を請求されたというケースも珍しくありません。疑問などにもしっかり答えてくれる業者を選ぶことが大切です。

■まとめ
自分で修理をする場合と業者に依頼する場合の費用の目安を紹介しました。水が漏れていると様々な被害が想定されることから、費用の目安を知っておくことで早めに対処をすることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ